山田ちよ
横浜市生まれ。フリーランスで、ジャンルを問わないライター業(自治体の広報紙誌など各種新聞・雑誌の取材・執筆、書籍の編集など)と並行して、「演劇ライター」の肩書きで劇評、俳優インタビューなどを手掛ける。

1988年から演劇情報誌などで劇評・俳優インタビューなどに携わる。神奈川県内の演劇動向の取材に力を入れ、1995年から『神奈川新聞』で「神奈川の演劇時評」(毎月1回掲載)を担当。1998年から2001年まで『横浜ウォーカー』で、県内で活動する若手演劇人を紹介するコラム「ジモトの演劇情報 ステージ散歩」を執筆した。

横浜SAAC実行委員、日露演劇会議会員。

BACK  
 

 

inserted by FC2 system